「骨」を作るのはカルシウムではなく ケイ素 と NASAが 発表

>>「ケイ素」とは・・・<<

地殻中の鉱物や 岩石 などに含まれる、

地球上で2番目に多い 元素(ミネラル) の こと。
(因みに1位は酸素、2位がケイ素 3位はアルミニウム)

人は生まれながらにして 

体内に蓄えている(体重の約0.5%)が、

新たに生成することができないと 言われているため

日々、消費され 減少している (1日約10~40mg)。

>>「ケイ素」 の なにが 良いの !?<<

1番の注目は NASAが発表した『 骨は ケイ素 で出来ている 

ということです。

★NASAでは、
アポロ計画など有人宇宙船で多くの宇宙飛行士が宇宙に滞在して帰還する時
全員が極度の『骨粗鬆症』になり、自分で立つことができないほどである。
帰還の瞬間のテレビ放映時でも、スタッフが二人で抱えられている映像が流される。
そこでNASAは、原因を探ると同時に、

『骨粗鬆症』になった飛行士の骨の回復には何が良いか地球にある殆どの食べ物を
実際に『骨粗鬆症』になった飛行士に食べさせ骨の成長に関する調査をしたところ
一番効果があったのは⇒なんと『土(つち)』であった!
そして、土の成分をよく調べると『ケイ素化合物』と判明し
NASAは 骨は ケイ素 で出来ている 』と公表!

同時に、カルシウムも調べたが、摂取すると逆に 骨が弱くなる!と公表!

ここから『カルシウムパラドックス』(カルシウムの逆説)という言葉が
世界中に配信されたが、日本ではマスコミはスルー!

 

現在は、更にケイ素化合物自体の研究が進み、
★ケイ素の最大の特長は 
体内の組織や 繊維を 
吸着して束ねる 結合パワーにあると断言!

★生命体にはすべてケイ素が含まれるが、
人間は、年齢を重ねるごとに 体内のケイ素が減少するため
骨や組織の束は ゆるみ 弱くなっていきます。

体の組織が ゆるむことで どんどん 失われていくのです。

だから 

ケイ素を 補給することで
しっかりした骨に しっかりと筋肉がつき、
丈夫なしっかりした体になるのです。


>>ケイ素 の効果は ほかにも・・・<<

体内の組織や繊維を吸着して束ねる結合パワーがあるので

❖美肌・爪・髪 を丈夫にする

・ケイ素の持つ ミクロの穴が 水の分子を吸着し、

しっかりと束ねることで みずみずしく 弾力のある肌を 保ちます。

・髪や 爪の主成分である たんぱく質の生成を助けるため

髪に艶を与え 爪を丈夫にします。


❖抗酸化力・免疫力 を 高める

・体内で発生する 活性酸素を 除去し、

あらゆる 組織の 劣化や 老化を 防ぎます。

・動脈硬化の 原因となる コレステロールの 酸化も 防ぎます。

・細菌の 繁殖を 抑えることで 細胞が 活性化し

免疫力の向上に 繋がります。


❖デトックス(浄化)効果

・体内に 入り込んだ 細菌や 毒素を吸着し、体外へ排出します。


>>厚労省が『食品』と認める材料を使い

⇒従来の水溶性ケイ素との価格比較なら 

なんと 1/300の価格でケイ素が摂取できる

シリカシンター ケイ素溶出セラミック』<<

をはじめ
話題の『シリカシンター シリーズ』のお買い求めは

下記、各商品をクリック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シリカシンター 

ケイ素クッキー 

シリカシンターセラミック 

シリカシンターパウダー 



(これは食品ではありません⇒)シリカシンター土地用粉末