シリカシンターと関連商品の使い方&健康情報

シリカシンターに関するさまざまな情報や健康に関する情報をUPしていきます♪

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。【その4】

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。
【その4

≪骨からシリカが減ると、カルシウムも失われていく≫

ケルブラン教授と同時代にケイ素を研究していたフランスのA・シャルノは、結核患者の解剖を通して、カルシウムが骨から失われていく前に、ケイ素が骨から欠乏することを発見し、1952年に発表しました。つまり、ケイ素が消滅すると、カルシウムも骨から消えていくということを発見したのです。

 

また、1970年代は、多くの研究者たちも、結合組織におけるシリカの役割を立証しました(1972年)彼らはラットやヒヨコで実験をし、ケイ素が入っていない餌を与えていると、発育が不充分だったり、骨の奇形や頭蓋骨の奇形が見られた等と報告したのです。

 

以上の様な多くの研究により、『ケイ素』はそれまでの地位から『欠かせない重要なミネラル』という地位にまで引き上げられました。

そして、1973年には『ケイ素は必須栄養素である』ことが認識されました。

 

更に、1986年には、カーライル博士は結合組織の形成におけるシリカの役割を、コンドロイチンやヒアルロン酸、ケラチンといったムコ多糖との構成成分であるとともに、タンパク質複合体を成すことを立証しました。

 

この事は、冒頭で説明しました内容であり、

人間の体では、毛髪、爪、骨、筋肉、脳、腎臓、肝臓、胸腺、血管、皮膚など全身のあらゆる臓器や組織に、ケイ素が存在しているとの部分の根拠になっております。

 

★体内のほとんどの栄養素と腺分泌物は、加齢とともに減少しますが、中でもケイ素の減少は特に際立っているので、意識して補う必要があるのです。

 

女性には、特に嬉しい事が多い ケイ素!

肌が老化する主な原因は、肌の結合組織が水分を保持できなくなることですが、

『ケイ素』は、皮膚のコラーゲン繊維をきちんと揃えてしっかり束ねる働きをします。

また、髪や爪の主成分であるケラチンは、コラーゲンの一種で、ケイ素を摂取する事で、ケラチンの生成を助けます。カーライル博士の研究報告(1981年)によれば、コラーゲンの生成に不可欠な酵素(プロリル水酸化酵素)を最大限に機能させるのはケイ素であるとしており、ケラチンとコラーゲンが、肌、髪、爪にたいへん重要な役割をすることは既に周知の事実ですが、それらの生成を促してくれるのがケイ素という事です。

 

≪ハリウッド女優等の有名人も ケイ素を賛美!≫

ケイ素に感謝した多くのハリウッド女優や世界的に有名な歌手が「美と若々しさの秘訣は、ケイ素のおかげ」と語っていることは、日本のファッション雑誌などでも度々紹介されております。

 

≪人体が必要とするケイ素の量≫

ケルブラン教授と共同で研究をしたアメリカのリチャード・バーマキアン博士は「骨折した人の毎日の食品の中にカルシウムがなくても、ケイ素がたっぷりあれば、骨が非常に良く接合する」と述べています。彼は「骨折を治療するにはカルシウム剤の補給をせず、むしろケイ素をたっぷり摂るように」と勧めています。彼の多くの臨床例からも、やはりケイ素を摂る事で骨のカルシウムが豊富になることが分かります。

バーマキアン博士は、「成人1人が必要とするシリカの量は10~20mgであり、骨折の場合は更に多くの量が必要である」と述べています。

≪骨に関するこぼれ話≫

米国のNASAでは宇宙から帰還した宇宙飛行士が、地球に生還した時に宇宙の無重力状態で何か月も過ごすので重力を支える必要がなくなり、その事で体内信号が「骨が要らない」と命令を出し、体内の骨が溶け出し弱体化して全員が骨粗鬆症になります。ですから、画像の様に、宇宙から帰還した宇宙飛行士は、地球上の重量によって自分では立てないので両脇を支えた様子になるのです。

因みに、

NASAでは宇宙飛行士が骨粗鬆症になり立って歩けない対策は、地球上の全ての食品及び食べられる物を宇宙飛行士に食べさせ骨の成長を研究した結果⇒『骨の蘇生』には鉱物(ケイ素化合物=アルミナケイ酸塩)が有効と公表し、ケイ素が一躍有名になりました。(日経メディカルHPにも関連記事掲載)

★この記事を見た多くの人は『え~、骨にはカルシウムが良いのでは?』と思われはず、しかし、NASAの同時発表によると残念というか恐ろしいと言うか『カルシウムは、骨の成長を阻害する』とも公表したのです。

 宇宙飛行士の帰還


ここまでは、

人間が成長して成人になり更に加齢が進むと、人間の骨・内臓・皮膚など

体全体に必須な『ケイ素』が激減し、病気や老化になり易くなる事を解説致しました。

しかし、
それだけでは『ケイ素』の体に対するもっと重要な事は説明され尽くせていないので、ここからは

『ケイ素』のどのような体への作用が病気や老化を防止しているか?

を解説させて頂きます。

 


以下次号へ


ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。【その3】

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。
【その3


内臓を支える骨にもケイ素が重要≫

≪健康 と 老化≫の欄でも触れましたが、

ケイ素の事をご存じない方は、骨を丈夫にしようと考えて、カルシウム剤やカルシウム豊富な食品を摂りがちですが、効果が出にくいのが実情です。ではどうするのか?と言う前に、

 

先ず、『骨の構造』について解説しますと、

骨は重量比率では、約75%がカルシウムやリン酸、マグネシウム、マンガン、銅などのミネラル

で、残りの約25%がコラーゲンです。体積比だと、約50%がコラーゲン、残り50%がミネラルです。

 

骨の構造をよく鉄筋コンクリートに例えられますが、コラーゲンが鉄筋・鉄骨で、カルシウムなどのミネラルがセメントという事になります

 

『ケイ素』は、繊維質のコラーゲンとカルシウムを接着させ、コラーゲン繊維を規則正しく束ねて、骨密度を高める働きをしています。こうして、しなやかさと頑丈さを両立させ良質な骨を作るのです

 

そして、骨が形成される仕組みの理論に

(解明されているメカニズムは、)『「破骨細胞」が古くなった骨を溶かすと、それらは血流によって運び去られ、次に「骨芽細胞」が新しい骨を作る、ということが繰り返され(て)、3年程で体中の骨は作り変わる』との理論がありますが、骨も体の組織と同じように毎日毎日新陳代謝を繰り返し、少しずつ生まれ変わっているのです。

 象の餌は 草だけ 実はケイ素

≪骨の形成は、体内でケイ素がカルシウムに変わる事で起きる!≫

~このケルブラン教授の理論を推奨!~

 

ケルブラン教授は、1975年にノーベル賞の生理学医学賞候補に上ったこともあるほどの業績を残した研究者です。彼は労働医学を専門とする生科学者であり、またフランス内務省の労働衛生局部長やパリ大学の教授も兼任していました。そして、数々の生物実験の結果から「シリカがあると体内でカルシウムが増えてくる」と

いう説(生物学的元素転換=現在で言うと常温核融合及び核分裂)を唱えたのです。

 

その内容が良く解るように、ケルブラン教授の有名な2つの代表的実験をご紹介します。

 

(1)ニワトリが産む卵の殻の実験

1:カルシウムを全く含まない餌をニワトリに与え続けた結果、殻の無い卵しか産まなくなった。

2:次に、このニワトリに『ケイ素鉱物』を少量、与えるようにしたところ、24時間後には殻のついた立派な卵を産んだ。

<考察>

ニワトリの卵の殻は炭酸カルシウムが主成分である。全くカルシウムを与えず殻のない卵しか産まなくなったニワトリに、ケイ素の入った『ケイ素鉱物』を与えただけで、カルシウム豊富な卵殻を作り出した。

当然ながら、この実験では、ニワトリの骨のカルシウムが卵殻のカルシウムに移動したわけではないことが確かめられています。

 

(2)ラットの骨折治癒 

1:大腿骨を骨折したラットのうち、グループAにはカルシウムを含む餌を与えて、

グループBにはケイ素を含む餌を与えて、17日後に大腿骨のⅩ線写真を撮った。

(実験結果)

グループAのラットの骨折部は全く接合していない。⇒考察:カルシウム摂取では骨は増えない

グループBのラットの骨折部は完全に接合した。⇒考察:ケイ素が体内で骨用のカルシウムに変化した。

カルシウムではなく、ケイ素を餌に混ぜて与えたラットの方が、骨が早く接合したことで、

ケイ素の有効性がはっきり確認でき、同時にケイ素が元素転換をしたことが考察できます。


ケルブラン ラットの骨折をケイ素で治す 

★これら2つの実験結果から、ケイ素がカルシウムに替わり、骨の形成を促進することが分かります。

 

以下次号

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。【その2】

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。
【その2


≪ケイ素って何?≫

先ずは、ケイ素を科学的に言いますと、元素番号が14で1823年にベルツェリウスによって発見されました。英語名で言った方が聞き覚えのある方が多いかも知りませんが『シリコン』と言います。

 

ここで、ケイ素について詳しく解説するには、宇宙の話からしないと現在の地球上の話と繋がらないので、その話からさせて頂きます。

 

この世の始まりは、宇宙でビッグバンが起り、無機物の塵が誕生しそれらが離合集散して宇宙に多くの惑星等が誕生しました。地球もそのうちの1つなのですが、実は、2010年9月に日本の科学者が、大変な発見をしたのです。

 

それは、星の残骸の微粒子を研究したところ、鉄や『ケイ素』である事を確認したのです。この事が欧州の科学雑誌に発表されたことが、新聞でも報道されました。

 

このニュースの何がすごいのかと言いますと、

地球の地殻の成分は、1位が酸素46.6%、2位がケイ素27.7%、3位がアルミニウム8.1%、4位が鉄5.0%、次いでカルシウム、ナトリウムと続いており、宇宙の惑星の基礎元素はビッグバンより引き継いだものだと想像できることです。


但し、ここに出てきた元素名は、皆様もよく聞く『元素名』が殆どですが、何故か、2位の『ケイ素』の事は、皆様には、あまり馴染みがないようで、ご存じない方も多い様です。

 

そこで、このあまり聞きなれない『ケイ素』の驚きの働きに着目し、皆様の健康維持に役立つ情報をこの冊子にまとめました。

 


≪生物は、ケイ素から発生した!≫

この地球も初めは無機物の塊でしたが、それら無機物の離合集散で有機物も誕生したのです。

 

地球誕生時には単なる無機物が多数集まった生物が居ないただの惑星だったのに、今では人間をはじめいろんな動物や植物が存在する惑星になったのです。

46億年前に地球が誕生し、32億年前に生物の大元と言うか先祖であるシアノバクテリア(藍藻=らんそう)が誕生したのですが、ならばそのシアノバクテリアは、無機物しかない地球でどのようにして生まれたか、何を食べて生命維持したのか?などの研究考察をしているうちに、地表の無機物のケイ素を食べていた事が解りました。

 

その後、これから派生した多種多様の生物や植物が誕生し、その生命体の現在形の1つが人間です。

 

ですから、人間誕生の歴史を辿ると人間の先祖の生物は、ケイ素を食しケイ素で形成されていた事が解ります。

       生物の進化 SSの解説
     

≪ケイ素と人体の関係≫

実際に、人間についても構成成分を調べてみると、体内にケイ素を約0.5%、つまり体重60キロgの成人なら約300gを体内の色んな細胞内に持っている事が解りました。

生まれたての赤ちゃんの頃は、もっと高い比率で持っているようですが、20歳頃を過ぎてくると徐々に体から減りだし、1日あたり10~40㎎のケイ素が年とともに減少してきます。(これは後ほど詳しく解説)

 

そして、
人間の体では、どこにケイ素が存在するのかというと、人間誕生の歴史を辿ると人間の先祖の生物は、ケイ素を食しケイ素で形成されていた事からも、想像通り、毛髪、爪、骨、筋肉、脳、腎臓、肝臓、胸腺、血管、皮膚など全身のあらゆる臓器や組織に存在しているのです。

 

ですから、ケイ素が欠乏すると各内臓や組織自体が上手く働かなくなり、若くても病気になり、加齢で体内のケイ素が減れば減るほど老化が早いという事になります。

 

≪健康 と 老化≫

ところで、年齢を増してくると健康でも、この「老化」が気になるものです。

老化現象は体外的には、肌のシミやシワ、白髪、脱毛等になり現れ、更年期障害や加齢臭、更に目や筋力の衰えなどもその一つの現れです

 

もっと高齢になれば、一気に骨密度が低下し(骨粗鬆症などになる場合もある)、背骨が曲がって身長が低くなり、骨がもろくなって骨が折れやすくなります。膝に痛みが出て歩行が辛くなる人も増えてきます。

 

そこで

骨を丈夫にしようとして、カルシウム剤を熱心に摂取される方が多いのですが、経験者ならご存知の様に、なかなか骨密度は上がってくれません。

 

◆実は、カルシウムには、そうならない理論がありまして、

最大の理由は、カルシウムだけの摂取では体内の骨を作るシステムには適合していないからです。

 

骨の成分は勿論カルシウムなのですが、骨も細胞で出来ている上に毎日毎日他の細胞の様に入れ替えを繰り返しています。そして、
①骨の形成にはカルシウムとマグネシウムのバランスが重要なのですが、牛乳はそのバランスがカルシウム過多になっており、牛乳を飲むことでカルシウムが急激に体内に入ってくるので骨生成の体内バランスを取る為に、仕方なく体内のカルシウムを放出する事と、
②牛乳の場合はそれ自体が酸性であるある為に、摂取した瞬間に酸性になるので体内にある骨のカルシウムを溶かしそのイオンのアルカリ性で中和をするからです。
この様な体の働きにより⇒カルシウム剤(牛乳やカルシウムサプリ)等の飲食で体内に吸収すると、体内のカルシウムが溶け出すので、外からの過剰なカルシウムを簡単には取り込まず、逆に、骨が弱くなってしまっているのです。

 

 

加齢に伴う色んな老化現象は誰にでも訪れるのですが、地球上の生命体の根源物質が『ケイ素』である事が解ったので、若くても病床の方もおられる事を考察すれば、それらすべての原因が『ケイ素の適正量の不足』が原因であると解ります。

 

 

≪ケイ素と身体の老化との関係~詳説~≫

病気や老化の原因は体内の酸化である事は解り、その原因となるのは最も酸化力の強い活性酸素で「悪玉活性酸素」(英語名:ヒドロキシラジカル、化学式:OH・ と書きます)と呼ばれるものです。

 

酸素は重要な物質ですが、OH・の化学式表される電子の過不足で不安定状態の悪玉活性酸素は、人間の体の様々な箇所を傷つけ、病気や老化の大きな原因となります。

 

人が呼吸によって酸素を体内に取り込むと、その多くは代謝の為に使われます。ごはん等で食べた糖類をブドウ糖に変えたり、肉、魚、豆類などのタンパク質をアミノ酸に分解し、栄養分をエネルギーにしたり蓄えたりする時に酸素が必要なのですが、摂取した酸素の一部は、自動的にこの悪玉活性酸素に変化してしまいます。

 

多くの生活習慣病は、この悪玉活性酸素が細胞、あるいは遺伝子を傷つけて病気の引き金になっています。

病気を防ぎ老化を遅らせるには、体の酸化を防ぐ食べ物等を積極的に補充して、悪玉活性酸素による酸化を防ぐことが重要なのです。

 

≪だから、ケイ素を!≫

以上の様に、

実は体の酸化が原因で病気や老化が起きる事は、既に現在では、科学的にもそのメカニズムが解明されております。

更に、食品なら何が、抗酸化として良い食べ物かも解っておりますので列記しますと、


日本人なら誰でも知っている食べた経験があるはずの昆布やワカメ等の海藻の他、玄米、大麦、ひえ、あわ等の穀類、大豆等の豆類、ごぼう、パセリ、大根、人参などの野菜類、あさり、はまぐり、カキなどの貝類などが

 

抗酸化の食品なのです。

 

 

重要な事で一番言いたいのは、これらの食材には全て『ケイ素』が豊富に含まれているという事です。

 

ケイ素については、実は近年になり、さまざまな国の研究者たちによって研究が公表され、今では必須ミネラルとして俄然注目を集めるようになった栄養素なのです。

以下次号


ギャラリー
  • シリカシンターパウダーの使い方
  • シリカシンターパウダーの使い方
  • ケイ素の必要量について【その3】
  • ケイ素の必要量について【その3】
  • ケイ素の必要量について【その3】
  • ケイ素の必要量について【その2】
  • ケイ素の必要量について【その2】
  • ケイ素の必要量について【その1】
  • ケイ素の必要量について【その1】
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ