シリカシンターと関連商品の使い方&健康情報

シリカシンターに関するさまざまな情報や健康に関する情報をUPしていきます♪

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。【その7】

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。
【その7


第三章

この章では、第一章と第二章を踏まえて

他社推薦のケイ素や水素の代表的な商品の解説と

弊社が推奨しているケイ素商品の違い(価格的にも)を

解説致します。

 

(1)他社ケイ素関連商品の種類と特徴

・水溶性ケイ素

この商品は、岩石の水晶の中の二酸化ケイ素を2000℃程の高温で熔岩からガス化して微粒子にし

そのままでは水には溶けないのでペーハーが12程の強アルカリ水に入れて商品化されている。

価格は、1本500CCで20000円(税別)前後

★含有されているケイ素の量は外箱には100CC 当り8.370PPMと書いてあるので

500㏄なら、4185㎎が含有されていることになる。この商品の場合は、ケイ素は1㎎が5.16円

◆1本単価が高いので、年間では数万~20万円程になります。

 

・ペットボトル入りケイ素水(シリカ水とも呼ばれています)

この商品は、ケイ素を一般の河川(約50㎎/ℓのケイ素を含む)より、少々多く含まれる河川の水を

汲み取ってペットボトルに充填して販売。

価格は、12ℓで、3500円(税別)前後:ネット最安値3132円税込

★含有されているケイ素の量は、最高含有商品でもラベルには117㎎/ℓと明記なので

12ℓ×117㎎/ℓ=1404㎎ なので 3132円で 1404㎎のケイ素を摂取できる

ケイ素1㎎の価格は2.22円になります。

◆1日1ℓ推奨らしいのでこのセットだと、ひと月約3セット必要になり月額10000円程

年間なら12万円程かかります。

 

・弊社推奨のケイ酸塩(商品名:シリカシンター)

この商品は、ケイ酸塩と言う岩石を小石状にして保健所許可の加工工場で【食用グレート】に

して飲用が可能なケイ素を簡単に溶出する焼き石(セラミック)です。

価格は、この焼き石が1100g入って、ネット最安値6000円(税込み・送料込)

★含有されているケイ素の量は、1100g×34%なので374g=374000㎎です。

ケイ素1㎎の単価は、6000÷374000=0.016円です。

◆やはり、ケイ素水は1日1ℓ推奨していますが、ケイ素1㎎当りの単価は0.016円ですから、

1日1ℓのケイ素水使用ならケイ素の使用量が約150㎎なので、0.016円×150=1日当たり2.4円です。

★尚、1袋買うと何年使えるかと言うと製品重量は1,100,000mgで、ケイ素の量は正確には374880mg、

374880mg÷150mg(1日分)=2499日分になりますから、2499日÷365日≒6.8年 なので

1袋買うと、約6年9か月間も使えます。(年間費用は、2.4×5=876円)

 

◎因みに、

市販の『水素水』は経費的には、ひと月分30袋で10000円であり、年間では12万円にもなります。
ケイ素の価格比較表 ブログ

ケイ素1mgの単価では、断然安い

ケイ酸塩(商品名:シリカシンター)とは、何もの?
SSと 水筒 SSサイズ

シリカシンター 1ℓ当りのケイ素含有量は、

日本食品分析センターで分析していただき、

ペットボトル等へシリカシンター300g投入し

一晩でケイ素が溶出した数値を参考にしております。)  

⇒この状態で翌朝には、約150/ℓのボトルタイプでは

販売していない濃厚なケイ素水(シリカ水)を飲めます。

SSの溶出量 150㎎/L 日本分析センター 2016

ケイ酸塩(商品名:シリカシンター)とは、1㎎当りのケイ素単価が格安で

ひと月分でも、どんなペットボトル入りシリカ水のケイ素濃度より濃いのに価格は安く、

高額な水素水を買わなくても体内で水素を発生してくれる優れものという事です。

SSによる ミトコンドリアの活性酸素水素で 無害化 画像01god

以下次号へ

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。【その6】

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。
【その6

ケイ酸塩を水に入れると簡単にケイ素が溶け出し、そのケイ素が水と反応し水素イオン(H+)を発生する2つ目の実験が下記です。

 

(ⅱ)ケイ酸塩によるもう一つの水素イオン発生の実証実験

 

★水道水にケイ酸塩を投入し、一晩放置するだけで、

政府公認の希少湧き水と同レベルの低い酸化還元電位の水になる事でも証明しております。

SSと還元電位 水筒

≪実験内容≫1リットルの水道水に(蛇口から出た瞬間の水道水の電位は600~700mV前後)に、

ケイ酸塩(商品名:シリカシンター)を300g入れ一晩放置し、翌朝測定した結果、

ORPと言う酸化還元電位は 125mVになり、アルカリ度pHは 7.85 になりました。

どちらも、水素イオンが発生した事を意味しております。
 (★数値は原料研究所で科学的に測定)

酸化還元電位が低いとは、何が凄いという事なのか

酸化還元電位 と湧き水比較

酸化還元電位が低いという事を解り易く解説!!

健康関連の知識が豊富な方ならば、すぐに酸化は錆び(老化)のイメージで、逆に、還元は若返りという事を連想していただけるかもしれませんが、『電位が低い事』の意味を解説致します。

 

この実験を化学理論で言いますと、1リットルの水道水にケイ酸塩(商品名:シリカシンター)を300g入れ一晩放置した結果、翌朝には、容器内に水素イオンが増えて、元の水道水の酸化還元電位が

水素イオンにより下がった事を意味しています。化学的には還元力がアップした!と言います。

 


酸化の反対還元でありますが、

 

体内で過剰に発生した活性酸素が、その働きのバランスが失われ有害な作用が発現する状態を酸化ストレスと読んでいますが、この酸化ストレスが働き過ぎるとDNAやタンパク質などを酸化させ老化や病気の原因となるのです。そして、上記の実験で出来上がった水は『水素により酸化還元電位が下がった(還元力がアップした)水』なので、活性酸素で酸化されそうな時に、その還元力で酸化を防止できるのです。

鉄の酸化 SS 比較画像01



ケイ酸塩(商品名:シリカシンター)の溶液(ケイ素水)に浸けた右側の釘は、その還元力により

3ヶ月後でも錆びない(=酸化しないのです。)

 


以下次号へ


ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。【その5】

ケイ素と健康の事を基礎から解説致します。
【その5


第二章

 

現代人は、ケイ素不足だからケイ素を推奨しているだけ?

・・・ではないのです!!

 

その『最大の理由』を今から解り易くご説明!!


第一章の
≪まえがき≫で、実は、病気や老化になるメカニズムは解明され

 

病気や老化の原因は、体内の酸化であり、

その要因となるのは、体内で発生する『活性酸素』と呼ばれるものです。

 

という事を短く解説致しましたが、もう少し詳しく説明させて頂きますと、

 

病気や老化の原因は体内の酸化であり、その要因は活性酸素なのでその要因を無効にするには活性酸素と水素イオンとを反応させ、体に無害な水にすればよい!


という事になります。


ですから、巷では、水素の関連商品がたくさん売られております。

 

この病気や老化の原因とその解決方法は、既に科学的に実証されている事実なのですが、その理論を科学的に書きますと少々難しくなりますが、


水素イオン(
H+:水素プラスイオン)は、活性酸素を発生させる体内細胞中のミトコンドリア内部に素早く到達する事により、ミトコンドリアから活性酸素(英語名はヒドロキシルラジカル:化学式 OH・)が発生したと同時ぐらい瞬時に、この活性酸素を水(H2O)に変化させて無毒化する機能を持っています。

 

という事になります。

 

それならば、

水素イオン(水素ガスではない)を簡単格安で発生出来るものがあれば良い!

と、いう事が解ります。

≫ ここからが、核心の話になります!!

 

実は、これから紹介するケイ素含有鉱石(別名:ケイ酸塩)は、

水に入れると簡単にケイ素が溶け出し、

そのケイ素が水と反応し水素イオン(H+)を発生するのです。

何それっ!?

と驚かれる方が多いので、それを複数の実験で証明したのです。

 

(ⅰ)水素が発生している科学的証明は、『溶存水素濃度判定試薬』や

『水道水に含まれるカルキを消去する事』でも証明しております。

 

★ここからは化学的な専門知識が必要な解説になっておりますが、さっと見ていただければ有難いと思い記述しております。

要点は、水道水にケイ素鉱物(別名:ケイ酸塩)を投入すると水素イオンが発生している証明を、水道水の消毒に使われているカルキ成分を水素イオンが消す理論を用いて実証しております。

 

≪水素が発生している事を、水道水に含まれるカルキを消去する事で証明≫

カルキ成分(塩素と酸素の2重結合)を消去する事で、水素イオン発生の証明の理論構成は、

カルキと言うのは Cℓ=O と言う2重結合を有しており、この2重結合を水素イオンが分解して、

単なる-Cℓ- と言う単体にすることに起因しております。

 

一方、化学反応の世界では、Cℓ=O というカルキの化学成分は、DPD試薬という試薬に反応させると下記画像の様にピンク色に反応します。

 

しかし、このCℓ=Oという2重結合を『水素イオン』が分解して、単なる-Cℓ-と言う単体にすると

このCℓ=Oというカルキ独特の成分がなくなるのでDPD試薬は反応しなくなり『無色』になります。

つまり、消毒用のカルキが入った普通の水道水をDPD試薬と反応させるとピンク色になりますが、

そこにケイ素含有鉱物(弊社では:ケイ酸塩と言います)を投入してから5分程度後に、

DPD試薬と反応させると無色になるという事は、
この
ケイ酸塩の作用で水素イオンが発生した事を意味しているのです。

DPD試験-SS

この反応を化学式で書くと 

Ca(CℓO)2  + 2H2    CaCℓ2 +2H2O

 

となり、【Ca(CℓO)2=カルキの成分の次亜塩素酸カルシウムです】

 

言葉で言うと

消毒用のカルキが入った水道水が、ケイ酸塩に含まれるケイ素の作用で水素イオンが発生し、

その水素イオンの結合力でカルキ結合部分が分解され消え、塩化カリウムの水溶液に変化した。

となります。

 

 

つまり

水道水にケイ酸塩を投入する事で、水素イオンが発生した事を証明出来たのです。

 

以下次号へ

ギャラリー
  • シリカシンターパウダーの使い方
  • シリカシンターパウダーの使い方
  • ケイ素の必要量について【その3】
  • ケイ素の必要量について【その3】
  • ケイ素の必要量について【その3】
  • ケイ素の必要量について【その2】
  • ケイ素の必要量について【その2】
  • ケイ素の必要量について【その1】
  • ケイ素の必要量について【その1】
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ